日本の中の多国籍

sinookubo
最近、新大久保のデリヘルで遊ぶことが多いです。
以前は韓国色が強かった新大久保だけど、最近は色んなアジアの国の色が混ざって来ていて、おれがよく利用しているアジアンデリヘルにも、タイの女の子とか、フィリピンの女の子とか、いろんな国の娘が在籍しています。
いつも指名している娘はベトナム出身です。
昼間は日本の大学に行っているといい、日本語も堪能な美人だ。
エッチなプレイだけでなく、雑談もわりとするんだけど、彼女が話してくれるベトナムの料理に興味を持ち、おれは新大久保のベトナム料理店に足を踏み入れました。
麺料理のフォーも、春巻きも、ハノイの名物料理だというチャーカーラボンも美味しかったです
全体的にマイルドな味付けなのは、フランスの植民地だったためにフランスの影響を受けているからだとか。
いつも指名しているデリヘルの女の子に「食べたよ」と話したら喜んでくれて、より仲良くなれた。
今度プライベートで新大久保で飯を食うことにもなったよ。

エリアの多国籍化

韓国のイメージが強い新大久保ですが、最近は台湾や中国、イスラムなど様々な国のお店があります。
コリアンタウンと呼ばれていた新大久保も、現在では多国籍化しているのです。

北新宿を始め新大久保周辺では、アジア系や南米系の外国人が多く暮らしているのです。
台湾、タイ、インド、モンゴル、ネパール、など様々な国の飲食店、雑貨店が存在しています。
通りに入っていくと、外国に来たような気分になることができますし、その国ならではの料理を楽しむことができます。
ボリューミィーな韓国料理を食べるのも良いですが、小腹が空いたらケバブを食べるという方法もあります。

アジア人が多く暮らしていることもあってか、新大久保のデリヘルはアジアン出張のお店が多いです。
デリヘルの特徴は、お店によってコンセプトがそれぞれ違うということです。
若くて可愛い女性が在籍しているお店もあれば、30代~40代の女性が働いているお店もあります。
人妻系、ギャル系、ぽっちゃり系、ロリ系などのコンセプトがあります。
自分の好みのタイプを考えて、お店を選ぶことが大切です。
高級デリヘルでは、容姿端麗でレベルが高い女性が在籍しています。元レースクイーンや、現役AV女優が働いているところもあります。

大久保のストリート

新大久保には3つの通りがメインとなっていて、多くのお店が賑わっています。
通りによっても、立ち並んでいるお店のジャンルは異なっています。
1つの通りは韓流をメインとしているお店が多いですが、違う通りになると化粧品店や飲食店が多くなります。
新大久保の通りは、テレビで取り上げられることも多く、人気が高いです。

韓流ドラマの影響もあり、イケメンを売りにしているお店も多数あります。
お年寄りだけではなく、10代~20代の韓国好きの女性も楽しむことができる街です。
テレビでロケをすることも多いので、芸能人と会える確率も高いです。

新大久保は風俗店も多いので、韓国料理だけではなく、韓国の女性も楽しむことができます。
デリヘルを利用する上で知っておきたいのが、料金相場です。
コースによって、料金は大きく異なります。
1時間コースは、16,000円~23,000円程度が料金相場です。90分コースは、23,000円~30,000円程度、2時間コースは30,000円~37,000円程度となっています。
デリヘルの料金は、基本料金以外に、ホテル代や女性の交通費などを支払う必要がある、ということも知っておいた方が良いです。

オプションをつける場合は、追加料金を支払う必要があります。
ホテルでサービスを受ける時に、人気のプレイがローション風呂です。料金はお店によっては無料のところもありますし、1,000円程度するところもあります。